So-net無料ブログ作成

映画「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく- 」 [映画・ドラマ]

005.jpg

映画「手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく- 」の
無料招待券が当選した!!

すっごく観たいという映画ではなかったが
せっかく当たったのだからと思って
一人で観に行ってきた。

嬉しいことにプレミアスクリーンだー
しかも たったの5人しかいなーーい。
平日とはいえ 空いているような・・・

すっごく期待が大きかったせいか
なんだか物足りなさを感じてしまった。
長いわりに盛り上がりが欠けるし・・・

何が悪いんだ?

吹き替えが今一な気がする。
最近は声優さんではなく俳優さんを使うことも多いが
やっぱそれなりの訓練を受けている
声優さんのほうがよかったのではと思ってしまった。

久しぶりの一人での外出に満足して外に出ると
原付に貼り紙がーーー
無料の映画が9000円になってしまった。

原付に乗るとろくなことがない。
駐車料金をケチって車ではなく原付にしたのだが・・・
20台ほどチャリがとまっている中にとめたのだが
チャリはよくても原付は駄目だったのね。
トホホ・・・

原付って遠出するの2年ぶりだったのにな・・・

無題.png
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ジュリエットからの手紙」 [映画・ドラマ]

「ジュリエットからの手紙」
製作年 2010年
製作国 アメリカ
好奇心旺盛なヒロインを『マンマ・ミーア!』の
アマンダ・サイフリッドが演じる。

不朽の名作「ロミオとジュリエット」の舞台イタリア、ヴェローナ。
この地には 物語のモデルなったヒロイン
ジュリエットの生家があり 永遠の愛を貫いたジュリエット宛に
恋の悩みを綴った手紙が 今なお世界中から年間5000通も届く。
そしてその「ジュリエット・レター」1通ずつに
ジュリエットの秘書と呼ばれる女性たちが返事を書いている。
彼女たちが交わす手紙の中には
信じられないような美しい愛の物語が隠れていた。
「ロミオとジュリエット」の物語は 時代を超え 形をかえて
今もなお続いているのだ。
真実の愛なんてあるのだろうかー?
全ての女性たちの問いかけに 
幸せな答えをくれる珠玉の感動作が誕生した。

ニューヨーカー誌の調査員として働くソフィーは、
婚約者のヴィクターとイタリア、ヴェローナを旅で訪れた。
自分のレストランの開店を控えたヴィクターは、食材探しに忙しい。
一人で「ジュリエットの家」を訪れたソフィーは、
世界各地から寄せられたジュリエットへの手紙の山に驚く。
ジャーナリスト志望で好奇心の強いソフィーは、
その中の1通の手紙に強く惹かれる。
それは50年前に書かれた女性からの手紙だった…。

公式HP
>>http://www.juliet-movie.jp/

ストーリーの展開は期待を裏切らず(笑
想像通り進んでいきます。
まさにラブストリーのど真ん中!!

だからこそ
ロマンチックな気分になりたい時
ハッピーエンドが見たい時
ピッタリな映画だと思います。

最近 殺人ものの海外ドラマを見続けていた私には
とってもよい癒しの時間になりましたー


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「BURLESQUE バーレスク」 [映画・ドラマ]

「BURLESQUE バーレスク」
製作年 2010年
製作国 米
全世界トータル・セールス3000万枚、
グラミー賞4部門受賞の歌手クリスティーナ・アギレラが
映画初出演となるミュージカル・ドラマ。
歌手を夢見てロサンゼルスのクラブで働く
女性のサクセス・ストーリーを描く。



テンションが上がります!
「ドリームガール」を見たときのように
思わずカラダが動きます。
自分も踊れるようないい気分になりました。

また海外ドラマファンならたまらない映画では・・・
海外ドラマで見たことのある人たちが
あっちにもこっちにも出ていて
すごく嬉しくなっちゃいました。

クリスティーナ・アギレラは歌も踊りも素晴らしかった!
特にその抜群のスタイルには目を奪われました。
足は細くウエストも細い肩も細いのに
胸は豊かなこと!!
実に羨ましいーーー

でも 見終わってから見つけた記事に
ちょっとガックリ!
おまけにアギレラが別人のようです。

日本にも映画のプロモーションで来ていたようですが
当時 「ストレスで激太りか」と話題になっていたようです。
知らなかった・・・
それにしても こんなにも変わるんですね~




nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アサヒビールの新商品「Rela リラ」ワインだけでもおいしいワイン [気になる情報]


モラタメで応募していたアサヒビールの新商品
5月24日発売の「サントネージュ Rela(リラ)」
赤・白1本ずつセットをいただきましたー

001.jpg

なんといっても画期的なのはボトルのこだわりです。
瓶ではなくペットボトルなんです。

実際に持ってみると軽くて持ちやすいこと!
お店で買うことを考えてみても
瓶が割れる心配もなく軽いので持ち帰りも楽ですねー
また飲み終わった後の処理を考えても とっても便利です。

もちろんワインを買う上で大切なのは味ですが・・・

003.jpg

まずは「Rela 赤」
やや甘口
爽やかな甘み 
軽い口当たり

004.jpg

私の好みはフルーティで渋みの少ないもので
渋みがありがちな赤は苦手なんですが
Relaの赤は渋みが控えめでした。
でも 白よりは渋いですが・・・(笑

002.jpg

「Rela 白」
やや甘口
ほのかな甘み
後味スッキリ

こっちは文句なく好きな味です!

母と息子と3人で夕食とともにいただきましたが
3人とも白が好みでしたー
でも 赤の方がポリフェノールが多く含まれていて
健康にはよさそうなんですがね。(笑

白のほうが先になくなっちゃいそうな勢いでしたが
大丈夫でしたー
なぜならば主人は赤が好きだからです。
男性には渋みのある赤の方が向いているのかな?

食事と一緒はもちろんんこと
ワインだけでも美味しく楽しめるワインということで
夕食のあとは寝室の冷蔵庫に移動しておきました。
これからちびちび晩酌用に使おうかと・・・


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

DEXTER〜警察官は殺人鬼 [映画・ドラマ]

『デクスター 〜警察官は殺人鬼』
アメリカ合衆国のドラマシリーズ

主人公デクスター・モーガンはマイアミ警察の血痕専門鑑識官。
職場での彼は、人当たりが良く、頭脳明晰で頼りにされる存在。
その一方で、自分でも止められない殺人衝動を内に抱え、
その解消のため夜な夜な法で裁けぬ凶悪犯の命を奪う
天性のシリアルキラーでもある。
>>http://dexter.jp/index.html
>>http://tv.foxjapan.com/crime/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1225




はじめはタイトルをみて笑いながらビックリ!
アメリカって面白いことを考えるもんだと・・・

見始めてみたら止らなくなっちゃった。
シリーズ1からシリーズ5まで
全て制覇しましたー

衝撃的な内容で
決して子どもには見せられませんが
(確かR15指定だったような)
そこは分別のある大人がドラマとして見るわけで
私は単純にハラハラドキドキしちゃいました。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「NEXT-ネクスト-」 [映画・ドラマ]

「NEXT-ネクスト-」
制作国:アメリカ
制作年:2008年
ニコラス・ケイジ主演によるSFサスペンス・アクション

予知能力を持つ男、クリス・ジョンソン(ニコラス・ケイジ)。
だが、彼に見えるのは、たった<2分先>の未来だけ。
しかも、それは自分に関わる未来のみ。
その才能を隠しながら、クリスはみすぼらしいラスベガスの
クラブでマジック・ショーを行う日々を過ごしていた。
そんな折、LA史上最悪の事件が勃発。
テロリストグループがLAに潜入、核爆弾をどこかに仕掛けたのだ。
FBIのカリー・フェリス(ジュリアン・ムーア)は、この大量殺戮を防ぐため、
クリスの予知能力に目をつけ、事件に巻き込もうとする。
嫌がるクリス。
だが、彼の最愛の恋人リズ(ジェシカ・ビール)が
テロリストグループに捕らわれてしまったことから、
この史上最悪の爆弾テロに立ち向かう事になる。
果たして彼はこの絶対絶命の危機を回避する事ができるのか?
今、未来はこの男に託された!



“自分に関する2分先が見える”なんて
とてつもないことを考えると思いましたが
見ているうちに なーんだか
都合がいいように作られていると感じちゃう。
だって後半に行くにしたがって
2分なんてどっかにいっちゃったー
というのも 運命の女性に関しては
2分先だけじゃなく見えちゃんだもん。

それにニコラスケイジの風貌は
もっとなんとかならないのか?
超能力を隠すために風貌までも
胡散臭くしているのか?
でも あれじゃ運命の女性と
すぐに恋に落ちるのは納得がいきません。
怪しすぎるーー

最後の最後には「そこまで戻るかー」
と叫びたくなるような結末でした。

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『英国王のスピーチ』 [映画・ドラマ]

『英国王のスピーチ』
制作国:オーストラリア
制作年:2010年

子供の頃から悩む吃音のために無口で内向的、
大勢の前でスピーチをするなんてとんでもない。
そんな弱気な男が、国王になってしまった。
現エリザベス女王の父、ジョージ6世だ。
折しもヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされ、
揺れる国民は王の言葉を待ち望んでいた。
王は国民の心をひとつにするべく、渾身のスピーチに挑むのだが―。

ジョージ6世に扮するのは、『シングルマン』(09)で
アカデミー賞主演男優賞にノミネート、
本作で各国映画賞を総ナメにし、
ついにアカデミー賞主演男優賞を獲得したコリン・ファース。

セラピスト、ライオネルには『シャイン』(95)の
オスカー俳優ジェフリー・ラッシュ、

妻のエリザベスには『アリス・イン・ワンダーランド』(10)の
へレナ・ボナム=カーターという、名だたる演技派が顔を揃えた。

監督はエミー賞やゴールデン・グローブ賞に輝くトム・フーパー。
本作でアカデミー賞作品賞、監督賞を受賞し、キャリアを飛躍させた。
脚本はベテラン脚本家デヴィッド・サイドラー。
本作ではアカデミー賞脚本賞を受賞し、
同賞受賞史上最年長記録を更新した。


英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]


賞をたくさんとっている作品って
見てみると意外とがっかりだったりするので
あまり大きな期待を持たずに見ました(笑

王室の内情を垣間見たような気がします。
いろんな苦労があるんですねー

吃音になってしまう様々な原因は
少し衝撃的でした。

脇役の奥様とセラピストがとっても感じよくて
いい味を出しています。

セラピストとは生涯付き合いが続いたということで
気持ちよく見終わることができました。





nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ロッテ「クランキーアイスバー」 [お買い物]

002.jpg

本日のおやつはーー
お口の恋人ロッテ「クランキーアイスバー」

ミント感を際 立たせたミントアイスが楽しめる
サクサク軽快なパフ入りチョコレートアイスバーです。

思ったよりもチョコが聞いています。
ミントもチョコも大好きなので
大好きなアイスです~

ただしカロリーが 289キロカロリー もあるので
ちょっと怖いですが・・・
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ダブル・ミッション」 [映画・ドラマ]

「ダブル・ミッション」
制作国:アメリカ
制作年:2010

隣家のシングル・マザーに恋するドジな
中年中国人のボブは、実は凄腕CIAエージェント。
そんな彼が引退を考えたとき、
とんでもなく巨大な陰謀に巻き込まれ……。

ジャッキー・チェン ハリウッド進出30周年記念作品
ジャッキー・チェン主演の痛快スパイ・アクション。



ジャッキーチェンの映画の中では
とっても子ども向けな映画だと思います。
「スパイキッズ」のようなこてこてのファミリー映画でしたー

アクションも昔ほどではなく風貌も含めて
ちょーーっとおじさんを感じるジャッキーでした。

ストリーもありがちで特別な工夫もなく・・・
大人には少し物足りなさを感じるかもー




nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本初!地域・市民参加型ゴルフトーナメント [日記]

001.jpg

先日 息子がゴルフを見に行って来た。

この大会 日本初の地域・市民参加型
男子ゴルフトーナメントだとか・・・

つまり冠スポンサーが付かないのだ。
大会チケットの販売や
トーナメント運営で必要になる設備等を
地域の市民や企業等で担うところが
最大の特徴ということです。

プロアマ戦の入場料は5千円でしたー


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。