So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょんまげぷりん [映画・ドラマ]

『ちょんまげぷりん』
制作国:日本
制作年:2010年

錦戸亮、ともさかりえの共演でおくるハートフル・ストーリー
仕事と子育てに追われるシングルマザーのひろ子は、
江戸時代から来たというちょんまげ姿の侍と出会う。
侍を居候させるうちに絆が芽生え始めるが、
彼がお菓子作りに目覚めて……。



錦戸くんファンはもちろんのこと(笑
大人から子どもまで楽しめる
ハートフル・ストーリーでしたー

タイムスリップものはありますが
まさかお侍さんがパティシエとは
なかなか面白い展開です。

終わり方も一ひねりあって
最後に微笑むことのできる映画でした。






nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの「世紀の結婚式」 [ブログネタ]



ドレスシンプルで素敵!
でも なんで髪をアップにしないんだろ?
アップの姿を見たかったな~

彼女 でしゃばらない感じが好感を持てます。

ただビックリしたのは
お互いにモトカノ・モトカレを招待しているということ!
王子なんて5人も呼んでいると聞いて
二度ビックリです。

タトゥーのデザイン、15年後にどう崩れる?英研究者が数理モデル開発 [ブログネタ]


インクは時間が経過するにつれ、 皮膚細胞の代謝に伴って分散していく。 肌質、年齢、タトゥーの大きさ、日焼けによる色あせ、 インクの種類などによって分散の状況は異なる。 太い線は残りやすいが、小さく繊細なデザインは最初に消えてしまう。 従って、とても細かく凝ったデザインのタトゥーは、 入れた当初はとても格好良いかもしれないが、 15年もたつと何のデザインだかわからなくなってしまうのだという


私自身は入れていませんが
実に面白い研究だと思いましたー

実際にどんな風に変化するのか
ぜひとも画像を見てみたいーーー

トロン:レガシー [映画・ドラマ]

「トロン:レガシー
制作国:アメリカ
制作年:2010年

ディズニーが3D映像技術を駆使して描くアクション大作
20年前に失踪した父を捜して行きついた先はデジタル・ワールドだった。
人類の未来を賭けた戦いの行方は?

1989年。
7歳の男の子サムは、大好きな父ケヴィンが嬉しそうに語るのを聞いていた。
「父さんは理想の世界を夢見ていた。
そして、とうとう世界を変える奇跡が起きたんだ」
翌朝、デジタル界のカリスマで、巨大企業エンコム社の
CEOである父ケヴィン・フリンは忽然と姿を消した…。

20年後、サムの元に消息不明だった父からの謎のメッセージが届く。
手がかりを求めて父のオフィスに向かうと、
そこに残された奇妙な装置が突然作動し、
サムは見知らぬ世界に放り出されてしまう。
そこは、父が心血を注いで創造した
コンピューターの中の世界“理想の世界"だった。



ずっと見たかった映画
映画館で見たかったのに
「ヤマト」を見てしまったので・・・

やたらと光っている映像ばかり・・・
キレイはキレイなんですが
なんせデジタルの世界ですから
ちょっと理解しがたいストリーでした。

トロン:レガシーって2作目ということで
1982年の映画「トロン」を観ていれば
もっと理解できたのかもしれません。
でも あまりに昔過ぎて観るのも大変そうだけど(笑

ストーリー全体のカギを握るミステリアスな役を演じた
オリヴィア・ワイルドは海外ドラマハウス」に
出演している時から好きな女優さんなんですが
クールで無機質な雰囲気がピッタリでした。

この映画は続編がありそうな雰囲気で終わったので
3作品目を期待したいです~


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

だぶるくりっく [★ネットでお小遣い・ひとりごと]

だぶるくりっくのポイント
やっとやっと
PointExchangeに移行できたー

思い起こせば2009年8月から
ほとんど毎月移行を申請していた。
いい加減 嫌気が差して
そのまま退会するのも嫌だったので
問い合わせをしてみたのだ。

すると数日して予想外な返事がきた。

確認しましたところ、
ポイントエクスチェンジのIDに誤りがあるようです。

びっくり仰天だった。(笑
間違っていたから移行できなかったのか?
問い合わせをしたから移行できたのか?
どっちかは謎だが
とりあえず移行できたのでラッキーだった。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネットショッピングのお支払いもVisa!おトクなキャンペーン実施中! [気になる情報]



VISAカードのCMといえば
紙幣に描かれている野口英世・夏目漱石・福沢諭吉の
三人組のCMがすっかりおなじみになりました。
このCM 私 結構スキです。
しかもこのCMのおかげで今まで知らなかった
VISAカードの使い方もわかったりして・・・

例えば 
サッカー選手のトゥーリオ選手の出演しているバージョンでは
自動車税の支払いもVisaカードでできるということがわかりました。
実は自動車税だけではなく
国民年金保険・税金やふるさと納税なんかもできるそうです。

他にも電気・都市ガス・水道・放送料金・固定電話・携帯電話
新聞購読・自動車保険・家賃など毎月の支払いをすることも可能です。

今 お得な情報としては ネットショッピングの支払いです!!
キャンペーンを開催中でしたー

ネットショッピングでVisaを使って
累計5,000円以上お支払い頂いたうえ
VisaのWebサイト内キャンペーンページから
ご応募頂いたお客様全員を対象に、
毎月抽選で期間中合計5,000名様に
Amazon®ギフト券を合計1,270万円分プレゼントということです。
キャンペーンは8月31日までで 毎月抽選が行われるそうです。

自動エントリーではないので要注意です!

私も月に数回はネットショッピングをしているので
ぜひとも応募してみたいと思います。

プレスブログからの情報でしたー
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 [映画・ドラマ]

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」
制作国:アメリカ
制作年:2010年

神秘に満ちた古代ペルシャを舞台に、
アクション、冒険、ロマンスすべてが詰め込まれた
史上空前のエキゾチック・アクション!

監督は、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のマイク・ニューウェル。
出演は、「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホール
「007/慰めの報酬」「タイタンの戦い」のジェマ・アータートン
ガンジー」のベン・キングズレー

古代ペルシャの王子が戦利品として得た1本の不思議な短剣。
それは≪時間の砂≫を使い、時を操ることができる伝説の短剣だった。

古代ペルシャ-史上空前の栄華を極めた帝国、
そのスラムにクラス孤児の少年ダスタンは、
ある日、友人を救うため大勢の兵士に立ち向かう。
その勇気ある大胆な行動を見初めた偉大なるペルシャ王は、
彼を王宮に連れ帰り、養子として家族に迎える。
それから15年・・・・



「アデル」に続いてみたのですが
こっちのほうが見ごたえはあるかも!

ぬれぎるを着せられるという展開はありがちですが
何よりもアクションが素晴らしかったというか
すご過ぎます。(笑
まるで体操選手をみているようでした。
主演の彼はかなり鍛えたんでしょうね~
ただ 彼はひげずらよりもひげがない方が素敵です。
デイ・アフター・トゥモローの頃とは別人に見えました。

アクションあり アドベンチャーあり
ファンタジーあり 楽しく拝見しましたー
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

餃子 [日記]

001.jpg

今日の昼食は餃子ライスです。
我が家は餃子はお店で買ってきます。
冷蔵用を買ったり冷凍用を買うこともありますが
今日は焼きたてをお店で買ってきました。

50個で2820円です。
ちなみに5人で食べます。

お店によってネタがかなり違いますが
今日のお店はキャベツが大量です。

002.jpg
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

楽天オークションバナーの掲載だけで3万ポイント山分け! [★ネットでお小遣い・ひとりごと]

4月19日から新しいキャンペーン始まっていました。

「バナーの掲載だけで3万ポイント山分け!」
>>http://affiliate.rakuten.co.jp/campaign/auction/20110419/

キャンペーンに応募して、
本キャンペーン対象の楽天オークションバナーを
ブログやウェブサイト等に貼っていただいた、
楽天アフィリエイト会員の方が対象です。





ということで バナー貼ってみましたー


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アデル ファラオと復活の秘薬 [映画・ドラマ]

「アデル ファラオと復活の秘薬」
制作国:フランス
制作年:2010年

幻の秘薬をもとめ、エジプト“王家の谷"から、
パリ“ルーヴル美術館"へ
リュック・ベッソン監督が贈るヒロイン×アドベンチャー超大作!

瀕死の妹のために古代エジプト最高の秘宝
≪復活の秘薬≫を追うジャーナリスト、アデルは、
そのカギがエジプト第19王朝ファラオ、
ラムセス2世にあることを突き止める。

同じころパリでは、ジュラ紀の化石から孵化した翼竜が
飛びまわるという事件が勃発、街は恐怖に陥った。
“翼竜事件"と“復活の秘薬"の関係に気付いたアデルは
ファラオのミイラがいるルーヴル美術館に駆け付けるが……。
アデルは“復活の秘薬"を手に入れ妹を救うことができるのか?
幻の秘薬を求めて突き進むアデルに、
かつてないアドベンチャーが待ち受ける!



公開当時は確か「女性版インディ・ジョーンズ」という
ふれこみだった記憶があるが
そこまではハラハラドキドキはなかったかな~

“翼竜事件"と“復活の秘薬"のあたりが
トントントンと進んでしまって
原作を読んでいない私には
チンプンカンプンなところもあって・・・

主役のアデルを演じた女優さんは魅力的でした!
気がつくと吉瀬美智子サンに見えていました。
似ているように感じるのは私だけなのか?
確かこの女優さんはお天気お姉さんだったと
聞いた記憶がありますが 
そんなことを感じさせない堂々とした演技でしたー

とっても軽い気分で見れる娯楽映画でした。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。